• JA
  • EN
  • NORMAL
  • DARK

Mariam Abounnasr

BIOGRAPHY

マリアム・アボンナサー

Mariam Abounnasr

Mariam Abounnasr

コンポーザー / アレンジャー / オーケストレーター

代表作:『アナザーエデン』、『鬼ノ哭ク邦』、『ゼノブレイド2』(オーケストレーター)、『FINAL FANTASY XV エピソードイグニス』(オーケストレーター)

Composer / Arranger / Orchestrator

Major Works: Another Eden, Oninaki, Xenoblade Chronicles 2 (Orchestrator), Final Fantasy XV Episode Ignis (Orchestrator)

PROFILE

2015年プロキオン・スタジオ入社。同年に作曲家光田康典氏の20周年記念ライブ『The Brink Of Time』でキーボーディストとして東京・台湾公演に参加。作曲家として「アナザーエデン 時空を超える猫」、「リボルバーズエイト」、「ワンダーグラビティ〜ピノと重力使い〜 」など、バンド編成や民族音楽からオーケストラ調まで幅広く手がける。近年では編曲家・オーケストレーターとして『NieR Orchestral Arrangement』、『ゼノブレイド2』、『FINAL FANTASY XV エピソードイグニス』、『イナズマイレブン アレスの天秤』などの作品に参加する。その他通訳者としても海外からのアーティストのレコーディング現場で活躍中。

PROFILE

Mariam Abounnasr joined Procyon Studio in 2015. In the same year, she performed as a keyboardist in the Tokyo and Taiwan performances of Yasunori Mitsuda's 20th Anniversary Concert The Brink of Time. She has since composed music for various video games including Oninaki, Another Eden: The Cat Beyond Time and Space, Revolve8, and Wonder Gravity ~Pino to Juryoku Tsukai~.

From band to folk to orchestral music, Abounnasr works with a wide range of musical styles. Recently, she has created arrangements for the 20th Anniversary Chrono Cross Live Tour and orchestrations for the Chrono Orchestra and NieR Orchestra albums, as well as for the Xenoblade Chronicles 2 and Final Fantasy XV Episode Ignis soundtracks. She also works as an interpreter during recording sessions with international artists.

Mariam’s Comment

音楽を作るときに大事にしていることは、色んなことに対してアンテナを張ることです。公園でのちょっとした散歩で感じたこと、本を読んで思ったことから、今話題になっていること、今起こっていることなど‥些細なことでもそれらすべてがinspirationになり、音楽作りの糧になります。そういった体験を大事にすることによりユニークで面白い音楽を作り出せると思っています。
音楽史を見ると、当時の時代背景や作曲者の想いがひとつの作品に影響されています。その積み重ねが今の音楽につながり、そして未来の音楽へ繋がっていくのです。
私はその一部としてみなさんに、そして少しでも未来に届くように日々、精進していきたいと思います。

Mariam’s Comment

When creating music, I put a lot of importance in having an antenna ready to pick up signals from all kinds of sources. Whether it be a feeling I had while taking a short walk in the park, something I thought of while reading a book, popular topics, or current events. Even seemingly trivial things give me inspiration and serve as fuel for creating music. By treasuring these experiences, I believe I can come up with music that is unique and interesting.

Looking at music history, there have been times when a single piece has influenced the way composers think and even the context of entire time periods. This accumulation of works is connected to the music of today and will be connected to the music of the future. As a part of that, I want to do my best to make music that reaches everyone's hearts and into the future.

© PROCYON STUDIO CO., LTD.
SCROLL
PAGE TOP